お持ちのブラウザーでJavaScriptが有効になっていない場合、当サイトのサービスを快適にご利用できない場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
印刷 :
キーボードのCtrlキーと Pキーを同時に押すと、印刷機能がスタートします
トップへ戻る:
キーボードの[Home]キーを押すと、ページトップに戻ります
字のサイズ設定:
IE6の場合、キーボードのALTキーと Vキーを同時に押す→ Xキーを押す →キーボードの (G)最大、(L)大、(M)中、(S)小、(A)最小で適した文字のサイズを選ぶ。
IE7または、Firefoxブラウザの場合は、キーボードの Ctrl + (+)拡大、(-)縮小により、字のサイズを変更できます。
茂林国家風景区茂林で遊ぶ自然・人文地理
搜尋

地理

本エリアは中央山脈の西側斜面山麓に位置し、見渡す限り広がる深林と連なる山々からなります。茂林国家風景区は南北に細長く、北部は阿里山山脈と玉山山脈、中・南部は中央山脈に属し、東高西低の地形となっています。荖濃渓、濁口渓、隘寮渓の三つの渓流が流れ、滝や峡谷といった自然景観も到るところで見かけられます。東側の傾斜度は30%以上、西側の山麓は比較的平坦で果樹園や畑となっています。

本地区の険しい山並みは濁口渓が何万年に渡り築いてきた地形で、龍頭山、蛇頭山などの地形は全世界でも珍しい環流丘陵の景観です。

  • 龍頭山

    龍頭山

  • 蛇頭山

    蛇頭山

気 候

本エリアの気候は緯度が低く、気温が高いのが特色です。熱帯モンスーン気候に属し、冬は短く、年平均気温は24度、7月に最高気温、一月に最低気温を記録します。年間降水量は2500から3000ミリで、雨は夏に集中します。夏の雨量は年間雨量の約八〇%を占め、冬場は比較的乾燥しており、平均降水量は30ミリにも達しません。湿度と降水量は比例しており、一般的に8月は湿度が最高で、12月が最低です。台湾西南部は春に西北風、夏に西南風の影響を受けます。

最終更新日時:2019-09-19

サイトマップ
リストを開く
リストを閉じる
前のページへ トップページへ