お持ちのブラウザーでJavaScriptが有効になっていない場合、当サイトのサービスを快適にご利用できない場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
印刷 :
キーボードのCtrlキーと Pキーを同時に押すと、印刷機能がスタートします
トップへ戻る:
キーボードの[Home]キーを押すと、ページトップに戻ります
字のサイズ設定:
IE6の場合、キーボードのALTキーと Vキーを同時に押す→ Xキーを押す →キーボードの (G)最大、(L)大、(M)中、(S)小、(A)最小で適した文字のサイズを選ぶ。
IE7または、Firefoxブラウザの場合は、キーボードの Ctrl + (+)拡大、(-)縮小により、字のサイズを変更できます。
茂林国家風景区茂林で遊ぶお薦めのモデルコース風に吹かれながらサイクリング風に吹かれながらサイクリング二日コース A
搜尋

風に吹かれながらサイクリング二日コース A

ここは大人も子どもも楽しめるサイクリングコースです。起点は茂林ビジターセンターで、終点は霧台です。風に吹かれながら、汗水を流し、気ままに美しい風景を楽しみましょう。大自然の懐に抱かれれば、心身ともにリラックスでき、本来のパワーを取り戻すことができます。 (各人の体力によって走る距離を調整)

  • 一日目

  • 青葉集落
    青葉集落

    青葉集落は400年あまり前から何度かの移動を経て、最終的には1976年に現在の「青葉村」となりました。「青葉集落」は非常に特色のある集落で、山沿いの道路、屏185号線を道なりに進むと、渓流の石で作られた羽を広げて飛び立つ蝶のオブジェが設けられた集落の入口があります。

  • 圖片
    賽嘉社区歩道

    賽嘉小学校の裏にはには賽嘉飛行場に通じる「賽嘉生態歩道」があります。長さは2100メートルありで、遊歩道をのんびり散歩すれば、天高く飛ぶカンムリワシやカンムリオオタカを目にすることが出来るでしょう。 また、運がいい時には、保護動物であるタケネズミも見られ、「ミン・・・ミン・・・」という鳴き声が聞けます。また夜になると、フクロウの鳴き声も聞くことができます。

  • 二日目

  • 圖片
    台湾原住民族文化園区

    園区は屏東県瑪家郷北葉村に属し、かつては「瑪家山地文化村」と呼ばれていました。ここは三地門、瑪家、霧台など三つの集落における交通の要所でもあり、屏東市からわずか24キロの距離で、アクセスも便利です。近くにはパイワン族やルカイ族の集落があり、特色ある原住民族文化に触れられます。園区は1985年に設立され、その敷地面積は約82ヘクタールにおよび、台湾原住民族16部族の文化が展示されています。また海抜145メートルから220メートルに位置しているため、変化のある自然景観を楽しむことが出来ます。

  • 三和集落
    三和集落

    瑪家郷のにある三和集落は元々は隘寮渓の砂地で何もない土地でした。ではどのようにして、現在のような緑地に変わったのでしょうか?1943年、アメリカからやってきた牧師が台湾キリスト教福利会(略称「TCS」)の資源を用い、霧台、三地門、瑪家郷から移住してきた原住民族が荒れ地を開墾する助けをしました。原住民族たちは砂や石と格闘の末、砂地を開墾して農地に変えていきました。

  • 帰路

最終更新日時:2018-12-27

サイトマップ
リストを開く
リストを閉じる
前のページへ トップページへ