茂林国家風景区 http://www.maolin-nsa.gov.tw RSS >Copyright 2021 <![CDATA[ ラフティングボートの観光ルート ]]> https://www.maolin-nsa.gov.tw/JP/03001733.HTML 荖濃渓は玉山東峰に端を発し、中央山脈沿いに西南方向へ蛇行しながら流れていきます。途中、高雄市六亀区を通過します。六亀エリア内では、縱谷や扇状台地などの地形を造っているほか、激流や温泉、瀑布、断崖などの特殊景観を形成してきました。この地形を活かし、高雄荖濃渓ではラフティングボートが開始されました。その歴史は1986年に遡り、モーラコット台風(2009年8月に発生した台風8号)で被害を受けるまで、観光局からは「東南アジアで最も刺激的で、かつ最も面白いラフティングコース」と評価されていました。これまでに何度も国際大会が催されています。激流や危険な早瀬、奇岩怪石、海抜落差65メートルなど、さまざまな特殊な環境を有し、刺激的かつ面白いコースとなっています。ぜひ皆様もお友達と一緒にボートに乗りながら、コース沿いの美しい山河の景色をお楽しみください。また、メンバーと心を一つにし、自然に立ち向かう楽しさを味わいましょう。

ラフティングボートコース

出発点

土壠湾休閒緑地に集合

終点

十八羅漢山

コース全長

約10~12キロ、全行程約100分

ラフティングボートの特色

モーラコット台風(2009年8月に発生した台風8号)の被害を受けた後に再整備された六亀大橋や断崖、瀑布などを通り、青々とした山々や激流、「ミニ桂林」と呼ばれる十八羅漢山を眺めながら進みます。このコースでは壮観かつ秀麗な景色を眺めることができ、その美しさは何にも勝ります。上流と下流では高低落差が約65メートルあり、「東南アジアで最も秀麗で、最もエキサイティングなラフティングコース」となっています。

 

泛舟路線

 

ラフティングボート時の注意事項

  • 安全基準に合格したラフティングボート会社を探しましょう。
  • スタッフからの安全注意に関する説明事項を守りましょう。
  • 救命ジャケットとヘルメットは必ず身につけること。
  • スタッフの指導に従って、危険区域に進入するのは避けましょう。
  • 服装は軽くて動きやすいものがよいです。靴の底が軟らかい布靴あるいは運動靴を穿いてください。
  • グループを抜けて単独で行動しないこと。一人で泳がないこと。
  • ラフティングボート時には食品を携帯しないこと。また、乗船前の飲酒はやめましょう。
  • 河へ落ちたときは慌てないこと。救命ジャケットを身につけていれば浮き上がります。急流では立たないで、頭を後ろ足を前にした仰向けの姿勢を保ちます。急流が過ぎてから岸へ上がるか、もしくはボートに乗る機会を伺ってください。
  • 心臓病、高血圧、血友病、妊婦、てんかんの発作がある方および十二歳以下の子供、六十五歳以上の方は乗船しないでください。

映画

]]>
2018-10-26
<![CDATA[ 蝶の観賞観光ルート ]]> https://www.maolin-nsa.gov.tw/JP/03001281.HTML 世界にはメキシコの帝王斑蝶と台湾のルリマダラという二大越冬型の蝶の谷があります。メキシコの帝王斑蝶は温帯型の越冬蝶の谷に属し、海抜3000メートルの車などが到着できない山岳地帯にあります。気温の関係から彼らは集団で植物にぶら下がっているだけで、ほとんど活動をせず、静態観察するのみです。これに対し、台湾ルリマダラは亜熱帯型の越冬蝶の谷に属し、海抜500メートル以下の山谷で生活します。雨が降っていない、もしくは曇りの天候であれば、彼らはほとんど毎日朝9時から夜5時まで活動します。彼らは「遅刻」もせず、「欠席」もしません。メキシコの帝王斑蝶と比較してみると、台湾のルリマダラ観察は気軽で自由に、かつ面白く、美しい光景が見られます。

蝶の種類

  • 小紫斑蝶

    小紫斑蝶

  • 斯氏紫斑蝶

    斯氏紫斑蝶

  • 端紫斑蝶

    端紫斑蝶

  • 圓翅紫斑蝶

    圓翅紫斑蝶

茂林国家風景区における世界的に珍しい奇観と言えば蝶の生態が挙げられます。林道を歩いていると、さまざまな種類の蝶に出会うことができるでしょう。中でも有名なのがルリマダラで、ホリシャルリマダラ、ツマムラサキマダラ、マルバネルリマダラ、小ルリマダラなどがいます。

ルリマダラ観察には充分な時間を取ってください

毎年12月から2月にかけては、少なくとも四十万匹を越えるルリマダラがここに集まってきます。異なる土地で生育した蝶たちが、同じルートを通り、この茂林内の風の吹かない谷間へと集まってくるのです。越冬のためにルリマダラが成す蝶の谷は非常に壮観です。

メキシコにある「帝王斑蝶の谷」と並び、世界における二大「越冬型蝶の谷」となっています。

蝶観察のベストシーズン

蝶観察のベストシーズンは毎年11月から翌年3月までです

11月に第一陣の先鋒隊がやってきて、その後、続々と数が増えます。2月以降はルリマダラが求婚や交配を行い、亡くなるものもいます。また拡散したり、移動の準備を始めたりするため、個体数は徐々に減少していきます。蝶を観賞するのに最も適しているのは12月から翌年の2月頃までと言えましょう。この時期は特産品の蜜棗の最盛期でもあり、フルーツ農園でのナツメ採集と組みあわせて蝶観察の旅に出かけることをオススメします。

蝶観察に最適な時間は午前8時30分から11時前です

特に雨が降った翌朝、陽光が満遍なく照らすときが蝶観察におけるベストタイムです。もし運良く、かつベストな時間と場所を選べば、紫色の衣を纏ったルリマダラの群れを見ることができます。彼らはパラグライダーのように山谷を下りていきます。エサを探したり、水を飲んだり、日光浴をしたり、花から花へ蜜を探しに舞う姿は息を呑むほどの美しさです。「大自然の舞姫」と言われるのも不思議ではありません。これは求めてもなかなかめぐり会えない光景です。

蝶観察の際に知っておきたいこと

生物は居住環境を選択します。その年の気候や温度、湿度、さらには森林や樹木環境の健康指数で判断します。環境の選択によっては突然変異が起こるかもしれず、エサとなる植物が蝶の運命を決めると言ってもよいでしょう。われわれ人間がそれらを破壊したり、邪魔したりしてはいけません。ルリマダラ観察のベストスポットは茂林区公所が整備した蝶観察歩道および生態公園、交通部茂林管理処が整備した解説ガイド板のある歩道などです。道路の両脇にはドライバーに対し「前方に蝶がいるので減速してください」という交通標識があります。これは全世界でも茂林国家風景区だけにある蝶のための交通標識です。

ルリマダラの観察は制限および管制が行なわれ、蝶の谷の中でも最も重要な棲息地には研究者以外は立ち入ることができません。生態公園内に設けられたネット内では蝶の個体数がコントロールされています。ここに入るには事前に予約あるいは申請が必要で、解説員と一緒にグループに分かれて観察します。その他、自由に観察できる地域でも、樹を揺らしたり、石を投げたり、蝶を捕獲したりする行為は禁じられています。

]]>
2018-08-30
<![CDATA[ 原住民族文化観光ルート ]]> https://www.maolin-nsa.gov.tw/JP/03001732.HTML まずは台湾の原住民族の文化についてご紹介しましょう。原住民族の言い伝えによると、初期の原住民族集落の組織は現在の国家に値するものだったと言われています。各集落にはそれぞれの領土概念があり、集落の会議、祭典の儀式、さらには外部集落と折衝に当たる外交の仕事なども行われていました。集落はリーダーである大頭目、あるいは長老と呼ばれる人たちによって導かれ、事務はそれぞれ一つの国家のように執り行われていました。彼らは古くから一つの集落を一つの国家と認識してきたと言っていいでしょう。

茂林国家風景区ではこういった原住民族の文化に触れることができます。茂林区には下三社ルカイ族、霧台郷西ルカイ族、三地門郷と瑪家郷のパイワン族、桃源区のブヌン族とツオウ族が暮らしています。原住民族文化を深く理解するためには、少なくとも二日間は必要です。

また、解説スタッフにガイドを依頼すれば、よりディープな説明をしてもらうことができます。

時間を節約できるだけでなく、内容の濃いツアーになるはずです。

打耳祭、世界的な知名度を誇る八部合唱

打耳祭、世界的な知名度を誇る八部合唱

ブヌン族

ブヌン族は単独で他の集落に乗り込むという勇敢な部族として知られています。彼らは天神を崇め、霊(善良な霊と邪悪な霊)を信じます。彼らの伝説では動植物はすべて人間が化身したものとされています。毎年4月にはブヌン族の打耳祭が行われ、男子は狩猟の技術を訓練し、各種禁忌や規範を学びます。これを通して優秀な狩猟者を英雄として尊ぶようになります。この祭典はブヌン族社会において教育的効果をもつと同時に、作物の豊作も祈願しています。

貝神祭

貝神祭

ツオウ族

ツオウ族の伝統的な文化には“貝神祭”という儀式があります。これは祭儀が行われるとき、祖霊会が収蔵している貝の宝を司祭が取り出し、集落の人々に持たせるというもので、これにより祖霊の庇護を受けられます。また、長老はこの貴重な貝の宝を空に投げ、勇士たちがこれを拾います。これは部族の者に勇気と智恵を与えるとされています。

排灣族工藝

陶器の壺、青銅の刀、トンボ玉です

ルカイ族、パイワン族

ルカイ族とパイワン族は文化的には共通点の 多い二部族です。彼らは天と地を敬い、大自然を崇めますが、祖先そのものは拝みません。社会階級は頭目、貴族、勇士、平民という四階級に分かれており、頭目は最初に生まれた子供が継承します。ルカイ族とパイワン族共通の三宝は陶器の壺、青銅の刀、トンボ玉です。

 

オススメのコース

日帰りコース

桃源区(*必ず食べて欲しい絶品の高山愛玉ゼリー。予約電話:07-686-6019廖春花女史) → 甲仙区 → 六亀区 → 美濃区(*伝統的な客家料理。予約電話:07-682-0356劉漢堂理事長) → 帰路

一泊二日のコース

一日目

茂林国家風景区管理処ビジターセンターでフィルム観賞 → 情人谷 → 多納高吊橋 → ランチは龍頭山で原住民族の郷土料理 → 午後は多納でスレート板家屋を探索、原住民族のスレート板文化を理解 → 多納温泉 →夜は多納里の民宿で一泊、多納の風情を満喫。

二日目:

茂林を霧台方向に出発 → 伊拉 → 神山 → 霧台でランチ → 瑪家文化園区 → 三地門 → 帰路

 

原住民族文化の特色

家屋:

家屋の門の前にある百歩蛇の図案は頭目あるいは貴族の家屋であることを表しています。(※注意:家主の許可なく無断で屋内の飾り物を観察するのはやめてください)

男女の服飾と頭飾りの文化:

百歩蛇は貴族を表し、蝶は俊敏さを表します。百合は部族の花であり、男性にとっては勇士の証し、女性にとっては純潔の象徴となっています。頭飾りの文化は部族の人々が栄誉を求める原動力となっています。

ブランコの文化:

これはルカイ族の女性の特権(男性は禁止されています)で、女性はブランコを漕ぐことにより美徳と才能を表現します。これは男女の出会いの場となっています。

トンボ玉文化:

トンボ玉は伝統社会における貴族が擁し、特殊な身分や地位を表します。一つ一つのトンボ玉には名前と意味があります。

陶器の壺文化:

これはまたの名を母体文化と言い、貴族階級の花嫁が必ず持っていく嫁入り道具で、陽壺と陰壺に分かれています。

佩刀:

これは男性にとって二番目の命と言われるもので、礼刀、仕事刀、狩猟刀があり、それぞれが文化を伝承しており、意義があります。

力と美の結合である歌舞:

歌舞は原住民族の文化や生活の内容を表現しています。

神話物語:

原住民族の文化のほとんどは文字の記載がなく、すべて口頭で伝わったものです。伝説は特別な存在となっています。

スレート板文化:

板(堅い石)と母石板(軟らかい石)の見分け方などを学べます。

 

原住民族文化地図

原住民族文化地図

]]>
2018-08-29
<![CDATA[ 自転車の観光ルート ]]> https://www.maolin-nsa.gov.tw/JP/03001734.HTML CO2の削減に貢献できるアウトドアスポーツと言えばサイクリングです。汗と気力で元気にペダルを漕げば、大自然に触れあえるでしょう。美しい風景を目にしながら、風に吹かれましょう。心身共にリフレッシュできるはずです。

涼山瀑布

風を追いかけるコース①:茂林区から瑪家郷

37 km

茂林 → 大津瀑布 → 賽嘉楽園 → 瑪家文化園区 → 涼山瀑布(瑪家で宿泊)

龍頭山遊憩區

風を追いかけるコース②:茂林里から多納里

15 km

茂林国家風景区管理処ビジターセンター → 情人谷 → 紫蝶谷 → 茂林谷 → 老鷹谷(龍頭山)→ 多納高吊橋→ 百歩蛇頭山 → 紅塵峡谷温泉 → 多納スレート板家屋 → 夜は多納村の民宿に宿泊

霧台岩板藝術步道

風を追いかけるコース③:三地門郷から霧台郷

20 km

三地門 → 中山公園(文化館を参観) → 地磨兒(生命公園) → 三德檢查哨(要辦入山證) → 伊拉(彩虹橋) → 神山→ 霧台(岩板芸術歩道)(夜は霧台民宿で宿泊)

以上は中・上級者向けのチャレンジコースで、初心者は下記の風を追いかけるコース④をおすすめします。

賽嘉樂園五星級露營區

風を追いかけるコース④:賽嘉楽園から青山村まで

13 km

三地門郷の賽嘉楽園 → 口社 → 馬兒 → 安坡 → 青山(海神宮の原始風景)(夜は賽嘉楽園の五つ星レベルのキャンプ場で宿泊、キャンプ場は光蠟樹キャンプ場、黒板樹キャンプ場、樟樹キャンプ場に分かれています。トイレ・バス設備では環境に優しい熱原理を用いたお湯を提供しています)。

賽嘉から青山までは全長約13キロで、非常に挑戦しがいのあるコースとなっています。ここは茂林国家風景区管理処と屏東県政府が整備した道路で、若者に人気があります。コース途中にはアップダウンのある坂道が続き、原住民族のデザインをモチーフとした休憩所もあります。

風を追いかける旅の特色

サイクリング中はコース沿いの緑の山や樹木が疲れを癒してくれます。初めてサイクリングをする方には馬兒→安坡→青山というコースをオススメします。ここには楓の林や緑のトンネルなどがあり、美しい風景がいっぱいです。初心者でも完走できるはずです。

賽嘉楽園のレンタサイクル─電話連絡先:08-799-2221

]]>
2018-08-02
<![CDATA[ 温泉観光ルート ]]> https://www.maolin-nsa.gov.tw/JP/03001731.HTML 茂林国家風景区内にはいくつもの合法経営の温泉がありますが、同時に渓流から湧き出た秘湯が台湾で最も多く分布しているエリアでもあります。区内には桃源区の玉穂温泉(一番目の池が白温泉(弱酸性単純泉)、二番目の池が炭酸泉、三番目は冷泉と三種の湯があります)、桃源区の拉庫斯渓(黄金渓)、復興温泉、少年渓温泉、高中荖荖温泉、六亀区の寶来温泉、不老温泉、石洞温泉、七坑温泉、茂林区の多納温泉および紅塵峡谷温泉があります。

区内の地質は火成岩、沈積岩、変質岩の三種類に分けられます。茂林区の多納温泉、六亀区の寶来温泉は変質岩地質の温泉に属し、泉質は炭酸泉です。

炭酸泉には二酸化炭素の成分が含まれているため、入浴したときには表面に気泡が現れます。 これが按摩作用となり、血液の循環を促進、手足の冷えや関節痛、神経衰弱などの症状を改善します。行楽客に最も評判が高いのは紅塵峡谷温泉です。 ここの泉質は弱アルカリ性炭酸ナトリウム泉で、これは皮膚に潤いを与え、美白効果、 角質層の軟化および消炎の効能があります。また、髪の毛に潤いを与えます。

寶来温泉

寶来温泉

寶来温泉にはいくつもの温泉宿があります。午前中は神威天台山、十八羅漢山、六亀トンネル、六亀ビジターセンターへ。午後は浦来頭社桟道に赴き、寶来里および荖濃渓の全貌を眺めます。夜は寶来で黄金鶏や梅ソースの豆腐料理、種類豊富な野生の愛玉ゼリー(コーヒー味、アワ味、アズキ味)などを舌鼓。ここには特色ある温泉山荘や個室風呂、スパ施設などがあります。
不老温泉 + 藤枝森林遊楽区

不老温泉 + 藤枝森林遊楽区

不老温泉の名は「長生きでき、年を取らせない湯」ということから付けられました。藤枝は風光明媚な景勝地で、海抜は1550メートルから1850メートル、以前はA線、B線という二つの登山ルートがあり、A線から上り、B線から下っていました。現在は名称が変わり、「秋海棠歩道」と「雲杉歩道」と呼ばれています。ここの名産はヤマブシタケ、メンマ、ピーナッツ、ヒラタケ、カボチャスナック、高山茶、桃など、お土産に喜ばれそうなものが数多くあります。
寶来温泉 + 扇平森林遊楽区

寶来温泉 + 扇平森林遊楽区

扇平は南台湾で最もエコツアーに適したエリアと言われています。扇平と藤枝では森林浴を思う存分できるほか、温泉もあり、大自然の中で過ごせます。当地の特産物は黒真珠レンブ、金煌マンゴー、蜜絲ナツメなどです。

渓流の秘湯での注意事項

  1. 伝染性を疾患している恐れのある場合は入浴はしないようにしましょう。
  2. 心臓病、肺病、高血圧、糖尿病およびその他の循環系統の障害など慢性病患者は、入浴前に醫師に相談しましょう。
  3. 生理中の入浴は慎みましょう。
  4. 入浴時間は、一回15分程度が適当でしょう。
  5. 入浴中に気分が悪くなったときは、すぐに浴槽から出てスタッフに通知しましょう。
]]>
2018-08-02