お持ちのブラウザーでJavaScriptが有効になっていない場合、当サイトのサービスを快適にご利用できない場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
印刷 :
キーボードのCtrlキーと Pキーを同時に押すと、印刷機能がスタートします
トップへ戻る:
キーボードの[Home]キーを押すと、ページトップに戻ります
字のサイズ設定:
IE6の場合、キーボードのALTキーと Vキーを同時に押す→ Xキーを押す →キーボードの (G)最大、(L)大、(M)中、(S)小、(A)最小で適した文字のサイズを選ぶ。
IE7または、Firefoxブラウザの場合は、キーボードの Ctrl + (+)拡大、(-)縮小により、字のサイズを変更できます。
茂林国家風景区イベント蝶観賞
搜尋

蝶観賞

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 紫の蝶が地面にかかって蝶の毛布を形成します 食べ物を探して紫蝶 紫蝶の群れは木に残ります 紫色の蝶のペア 紫の蝶が蜜を食べる

    蝶観賞

11-3月 茂林蝶観賞イベントは

毎年冬季の茂林国家風景区における一大イベントは、何千万のルリマダラが遠く海を渡ってきてこの地に棲息することです

冬の早朝、朝日が紫蝶幽谷に差し込むと、ルリマダラは眠りから覚め、木々の間を飛び回ります。木漏れ日に照らされたルリマダラは、山から谷へと舞い続けます。行楽客は蝶の生態を楽しむだけでなく、冬の寒い季節の中に、ほっと暖かな気持ちになることができます。

ルリマダラは越冬型の珍しい蝶です。毎年冬になると、どこからともなく茂林へやってきて、紫蝶幽谷を形成します。茂林と六亀地区のルリマダラが生息する渓谷では、ホリシャルリマダラやツマムラサキマダラ、マルバネルリマダラ、小ルリマダラが見られます。そのほか、色彩鮮やかなアサギマダラも観察できます。

茂林国家風景区管理処では毎年この期間、蝶観察にやってくる行楽客に合わせて、紫蝶幽谷入口でボランティアガイドのサービスを提供しています。また、ビジターセンターの展示室ではルリマダラの実況中継を行っています。ルリマダラの生態を理解したい方々のために、展示室の写真や文章の紹介だけでなく、ボランティアによる現場での解説を催しています。

2008-2009年茂林紫蝶幽谷―蝶観賞イベントは2008年12月6日より開幕。休日はサイトにて蝶観察の予約を受け付けしています。すでに4000人が茂林にて世界でも珍しい蝶の奇観を観察しており、大好評を得ています。茂林国家風景区管理処では生態観光を推進しており、蝶観察イベントを将来的にも実施していく予定です。生態解説ボランティアの解説によって行楽客の方が理解を深められることを願っています。

関連景観スポット

サイトマップ
リストを開く
リストを閉じる
前のページへ トップページへ