メインコンテンツへ移動

蛇頭山

推薦: 推薦
茂林区

Clear(茂林区)

28

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 蛇頭山-1 蛇頭山-2 蛇頭山-3

    蛇頭山

蛇頭山は茂林区高132号線12km地点にあり、多納里路に向かう道上からも見ることができます。濁口川の流れが、ヒャッポダの蛇のように見えることからこの名前がついています。蛇頭山の蛇行した地形は、もともとは龍頭山の両側にあった環流丘陵が、地滑りのために土石が堆積し、後方の山丘と繋がってできたものです。人々に蛇神として崇められているヒャッポダに似たこの山は、神聖な山として扱われており、茂林地区を代表する観光スポットのひとつです。

またその昔、2匹の子蛇を連れた母親の蛇がここで食べ物を探しているときに、川の激流の音を聞いて、山の雨か、あるいは鉄砲水が迫っているのかと思い、子供たちに木に登って避難するよう呼びかけ、静かに目を閉じてマントラを唱えさせたところ、息子の蛇と娘の蛇がそれぞれ鷲と紫斑蝶に変身し、翼を広げて災厄から逃れたという興味深い伝説が残っています。

15分程度の滞在時間を取って、蛇頭山展望台から特殊な曲線の地形の蛇頭山全景を眺めてみることをお薦めします。 

最終更新日時:2023-10-25

サイトマップ
リストを開く
リストを閉じる
近くのトラベル情報