お持ちのブラウザーでJavaScriptが有効になっていない場合、当サイトのサービスを快適にご利用できない場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
印刷 :
キーボードのCtrlキーと Pキーを同時に押すと、印刷機能がスタートします
トップへ戻る:
キーボードの[Home]キーを押すと、ページトップに戻ります
字のサイズ設定:
IE6の場合、キーボードのALTキーと Vキーを同時に押す→ Xキーを押す →キーボードの (G)最大、(L)大、(M)中、(S)小、(A)最小で適した文字のサイズを選ぶ。
IE7または、Firefoxブラウザの場合は、キーボードの Ctrl + (+)拡大、(-)縮小により、字のサイズを変更できます。
茂林国家風景区茂林で遊ぶ旅行スポット六亀区浦来渓頭社戦道
搜尋

浦来渓頭社戦道

推薦: 推薦
六亀区

Clear(六亀区)

21

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 浦来渓頭社戦道-1 浦来渓頭社戦道-2 浦来渓頭社戦道-3 浦来渓頭社戦道-4 浦来渓頭社戦道-5 浦来渓頭社戦道-6 浦来渓頭社戦道-7 浦来渓頭社戦道-8 浦来渓頭社戦道-9 浦来渓頭社戦道-10

    浦来渓頭社戦道

「浦来」とは宝来の旧称です。浦来渓頭社は荖濃渓と宝来渓の分水嶺に位置し、もともとはツオウ族の人々が暮らす集落でした。浦来渓頭社戦道は全長約3キロで、所要時間は徒歩で約1時間、海抜は高くなく、わずか約450~500メートルです。この道は日本統治時代に原住民族の激しい抗日運動を抑えるために築かれたものでした。美瓏山の稜線に沿って築かれた道路は、美瓏山砲台を建てる建材を宝来の峰の頂まで運ぶためでした。道路の起伏は少なく、歩き疲れたらベンチで休憩することができる大人も子供も楽しめる一般的なハイキングコースです。道路沿いには竹林、相思樹の林、ハーブのタイム、梅園などが見られ、植物生態も非常に豊富です。高台からの視界は開けており、宝来渓と荖濃渓が合流する景色を眺められます。

旅行情報
旅行タイプ

ハイキング風景観賞郊外へ散策登山森林浴歴史古蹟

このような一説もある

「戦道」の由来は日本統治時代、日本による統治を甘受しない原住民族の人々を抑えるためのものでした。台湾総督府は原住民族の抗日の動きを知ると、浦来渓頭社の村人たちに圧力を与えるため、稜線に沿って弾薬や大砲などの武器を運ばせ、向かいの美輪山に砲台を建設しました。日本人は夜にこれらの武器を運んだため、人々が知らない間に浦来渓頭社への道は軍用道路となっていたのです。また、原住民族もこの軍用道路を通って日本軍を突撃しました。

住所

高雄市六龜區

电话番号

886-8-7992221

交通

車: 1. 旗山から台21号線を北上し甲仙まで進み、省道台20号線を曲がって宝来へ。 2. 国道10号線高速道路を旗山インターチェンジで下り、省道台28号線を進み、旗山と美濃を通過した後、省道台27甲線を進み、六亀を通過し、再び省道台27号線に接続、省道台20号線81キロ地点で曲がり宝来へ。 公共交通機関:高雄客運の「宝来」バス停下車

  • 経度/緯度:23.10646/120.70132
  • 付近の散策

    最終更新日時:2018-09-12

    サイトマップ
    リストを開く
    リストを閉じる
    前のページへ トップページへ