メインコンテンツへ移動

地磨兒芸術公園

推薦: 推薦
三地門郷

Partly cloudy(三地門郷)

32

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 地磨兒芸術公園-1 地磨兒芸術公園-2 地磨兒芸術公園-3 地磨兒芸術公園-4 地磨兒芸術公園-5

    地磨兒芸術公園

三地門役場から約200メートル上がったところに地磨兒芸術公園があります。「地磨兒」とはパイワン族の言葉「timur」で三地村を指し、またパイワン族が太陽の民であることも意味しています。

公園内には、生命の舞台を象徴するステージのほか、祖霊柱と炊事場を兼ねた休憩スペースがあり、訪れる人を迎えてくれます。また生命の舞台は太陽を模しており、様々な儀式の際に使用されます。パイワン族の神話では、ヒャッポダの蛇は先祖の化身とされていて、ヒャッポダを施した石のイスが設置されています。祖霊柱は男性の生殖器を象徴しており、子孫繁栄を願って祀られています。炊事場は女性の象徴とされ、同じく子孫繁栄と、毎日十分な食物が得られること祈るという意味がこめられています。

また公園はパイワン族の豊年祭のほか、オーストロネシア語族の婚礼の儀や、桐花祭など土地のお祭りやイベントが催される場所であり、イベントに使用しないときは、散歩や夕日を眺めるのにも最適な場所です。

30~40分程度の滞在を目安に、生命の舞台や祖霊柱などのランドマークを見たり、展望台に登って周囲の山々や三地門市街を眺めるのがお薦めです。 

旅行情報
旅行タイプ

郊外へ散策郷土文化

旅の豆知識

地磨兒公園は原住民族の森林公園で、公園の右側には狩猟場があります。イノシシを捕まえた時は、ここの台の上で村人に向かってこの栄誉を報告します。狩りが終わった後は、休憩所で休んだり、狩った獲物を調理したります。休憩所には通常網焼き器・鍋・お椀・コンロなどの基本的な調理器具用意されています。また、お互い知らない者同士でも「次にやって来る人に」と、食材を置いていったりしきます。ここに原住民族による団結の精神や助け合いの精神が表れていますね。
もし山中の小さな狭い道で、イノシシの足跡を見つけたら、付近に狩人が仕掛けとして掘った落とし穴があるかもしれないので、行楽客の方は落ちてケガをしないように十分に気をつけてください。

住所

屏東県三地門郷役場の上方約200メートル

電話番号

886-8-7997245

  • 経度/緯度:120.65548/22.71837
  • 付近の散策

    最終更新日時:2023-10-25

    サイトマップ
    リストを開く
    リストを閉じる
    近くのトラベル情報