お持ちのブラウザーでJavaScriptが有効になっていない場合、当サイトのサービスを快適にご利用できない場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
印刷 :
キーボードのCtrlキーと Pキーを同時に押すと、印刷機能がスタートします
トップへ戻る:
キーボードの[Home]キーを押すと、ページトップに戻ります
字のサイズ設定:
IE6の場合、キーボードのALTキーと Vキーを同時に押す→ Xキーを押す →キーボードの (G)最大、(L)大、(M)中、(S)小、(A)最小で適した文字のサイズを選ぶ。
IE7または、Firefoxブラウザの場合は、キーボードの Ctrl + (+)拡大、(-)縮小により、字のサイズを変更できます。
茂林国家風景区茂林で遊ぶ旅行スポット茂林区多納里スレート板家屋
搜尋

多納里スレート板家屋

推薦: 推薦
茂林区

Clear(茂林区)

21

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 多納里スレート板家屋-1 多納里スレート板家屋-2 多納里スレート板家屋-3 多納里スレート板家屋-4 多納里スレート板家屋-5 多納里スレート板家屋-6 多納里スレート板家屋-7 多納里スレート板家屋-8 多納里スレート板家屋-9 多納里スレート板家屋-10 多納里スレート板家屋-11

    多納里スレート板家屋

多納里の沿革紹介

多納里は日本語の「トナ」という発音に由来しかつては「屯子」と表記されていました。これはます。村にはある伝説が伝えられています。ある日、2人の狩人と1匹の犬が現在の多納村を通って狩猟に出かけました。かつて多納里には湿地があり、犬は湿地の岸辺を通るたびに、ここから離れようとしませんでした。その後、狩人が集落に戻り、頭目を湿地に連れて行くと、ここには十分な水源と障壁になる山があるので、暮らすのに最適な場所だということに気づき、部族の人々と話し合った結果、現在の多納村に移ました。この時、もう一つの集落もここに移住してしばらくして、三番目の集落も多納里に移転し、さらに大きな集落が形成されました。これが今日の多納村です。

スレート板家屋の紹介

多納集落の祖先たちは、かなり早い時期に温泉渓へ黒灰板岩を取りに行ったと伝えられます。「易経学」によると、黒灰板岩は陰と陽に分けられ、またオスとメスに分けられます。メスのスレート板は長い時間経つと風化しますが、オスのスレート板は色が黒く、しっかりと厚みがあり、重さもあるので、屋根や寝床を作るのに用いられました。多納里の村人たちは助け合い、スレート板を積み重ねて家屋を建てました。現在、三代目のスレート板家屋は建築技術も進歩し、建てる前にスレート板を機械で整形しています。また、家屋の梁も高くなり、現代的な建物となっています。スレート家屋の中には扉や門柱に百歩蛇が描かれている家もあり、これは頭目あるいは貴族の身分であることを示しています。

スレート板家屋の内部は、冬は暖かく、夏は涼しい造りとなっています。現在まで地震や台風でスレート板家屋が倒壊したという事例は聞いたことがありません。

旅行情報
旅行タイプ

郷土文化歴史古蹟

旅の豆知識

多納村集落を散策する際に勝手に村の人たちの家を覗くことが無いようにしてください。また、村の中には車で進入せず、散策は徒歩で行なってください。また、持ち主の許可を得ずに、室内の装飾品や伝統器物の撮影をするのは禁止されています。スレート家屋のスレート板を拾って、家に持ち帰り、記念品にしたり、バーベキューの台にしたりするのもやめてください。

住所

高雄市茂林區多納里

电话番号

886-8-7992221

交通

国道3号線を屏東の九如インターチェンジで下りる ─ 台3郷線を通って里港まで ─ 台22郷線を曲がり、高樹へ ─ 台27郷線を通って大津方向へ ─ 大津橋を渡る - 茂林区 ─ 茂林区の高132号線から多納村へ入る

  • 経度/緯度:22.9120367/120.693443
  • 付近の散策

    最終更新日時:2019-08-27

    サイトマップ
    リストを開く
    リストを閉じる
    前のページへ トップページへ