お持ちのブラウザーでJavaScriptが有効になっていない場合、当サイトのサービスを快適にご利用できない場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
印刷 :
キーボードのCtrlキーと Pキーを同時に押すと、印刷機能がスタートします
トップへ戻る:
キーボードの[Home]キーを押すと、ページトップに戻ります
字のサイズ設定:
IE6の場合、キーボードのALTキーと Vキーを同時に押す→ Xキーを押す →キーボードの (G)最大、(L)大、(M)中、(S)小、(A)最小で適した文字のサイズを選ぶ。
IE7または、Firefoxブラウザの場合は、キーボードの Ctrl + (+)拡大、(-)縮小により、字のサイズを変更できます。
茂林国家風景区茂林で遊ぶ旅行スポット六亀区東渓大橋
搜尋

東渓大橋

推薦: 推薦
六亀区

Clear(六亀区)

21

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 東渓大橋-1 東渓大橋-2 東渓大橋-3 東渓大橋-4 東渓大橋-5 東渓大橋-6 東渓大橋-7

    東渓大橋

赤い色をしたアーチ橋「東渓大橋」は台27号線上にあり、2005年11月に開通しました。この橋は中国鋼鉄という会社が寄贈したもので、橋の全長は131メートル、幅は7メートルあり、車線は2車線あります。「東渓大橋」という名前の由来は蒋経国元総統にあります。かつて蒋経国元総統が邦復渓を訪れたとき、故郷の東渓に似ていると思ったそうです。またその当時、育幼院(孤児院)がある場所の地名は「大苦林」で、あまり良い響きではなかったため、「東渓」という地名に改められました。このため、現在の孤児院の住所は「六亀郷東渓山荘1号」です。つまり、東渓大橋の名前も蒋経国元総統が名づけたとも言えます。

六亀育幼院:

1955年、楊煦牧師とタイヤル族である妻の林鳳英女史は六亀郷で原住民族のために尽くしたいと考え、山地に孤児院を設けました。ここでは原住民族の孤児を育てており、楊煦牧師は「原住民族の孤児の父」と尊称されています。

最終更新日時:2019-08-27

サイトマップ
リストを開く
リストを閉じる
前のページへ トップページへ