お持ちのブラウザーでJavaScriptが有効になっていない場合、当サイトのサービスを快適にご利用できない場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
印刷 :
キーボードのCtrlキーと Pキーを同時に押すと、印刷機能がスタートします
トップへ戻る:
キーボードの[Home]キーを押すと、ページトップに戻ります
字のサイズ設定:
IE6の場合、キーボードのALTキーと Vキーを同時に押す→ Xキーを押す →キーボードの (G)最大、(L)大、(M)中、(S)小、(A)最小で適した文字のサイズを選ぶ。
IE7または、Firefoxブラウザの場合は、キーボードの Ctrl + (+)拡大、(-)縮小により、字のサイズを変更できます。
茂林国家風景区茂林で遊ぶ旅行スポット茂林区龍頭山レジャーエリア
搜尋

龍頭山レジャーエリア

推薦: 推薦
茂林区

Partly cloudy(茂林区)

26

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 龍頭山レジャーエリア-1 龍頭山レジャーエリア-2 龍頭山レジャーエリア-3 龍頭山レジャーエリア-4 龍頭山レジャーエリア-5 龍頭山レジャーエリア-6 龍頭山レジャーエリア-7

    龍頭山レジャーエリア

龍頭山は典型的な環流丘陵の地形で、かつては朝と晩にタカの群れが岸壁上空を旋回したり、渓谷に沿って飛翔したりする姿が見られました。このため、以前は「老鷹谷」と呼ばれていました。濁口渓は長期にわたって脆弱な岩層が削り取られたため、緩やかに曲がりくねった河川が形成されています。渓流が浸食と堆積の作用を繰り返した結果、珍しい環流丘陵の地形が形成されています。ここは遠くから眺めると、険しい山の地勢がまるで神話の中の龍が珠を吐いている姿に見えることから、「龍頭山」と名付けられています。茂林区の著名な景観スポットおよびランドマークの一つとなっています。

自分の足で龍頭山に登る場合は、高132 号線に沿って車を走らせ、景観台の入口から登りましょう。ここからは神業のような環流地形を遠くに眺められます。壮観な多納高つり橋は視界が開けており、秀麗な山谷を眼下に収められます。

最終更新日時:2021-02-22

サイトマップ
リストを開く
リストを閉じる
前のページへ トップページへ