メインコンテンツへ移動

龍頭山レジャーエリア

推薦: 推薦
茂林区

Clear(茂林区)

27

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 龍頭山レジャーエリア-1 龍頭山レジャーエリア-2 龍頭山レジャーエリア-3 龍頭山レジャーエリア-4

    龍頭山レジャーエリア

龍頭山は茂林区の高132号線12K地点付近に位置する、三方を山に囲まれ、蛇行する曲がりくねった小川が流れる約22ヘクタールの面積を持った珍しい環流丘陵です。

稜線が巨大な龍の背骨で、地形全体に龍が臥せている姿に似て見えることから、龍頭山の名がつけられました。長い年月をかけ、渓流が浸食と堆積の作用を繰り返した結果、丘が2つに分断され、遠くから眺めるとまるで巨大な龍が珠を吐いている姿にも見えるため、「龍吐珠」とも呼ばれています。また鷲の群れが崖を旋回したり、渓谷に沿って空を飛ぶ姿がよく見られることから、さらにまたの名を「老鷹谷」と言います。龍頭山遊楽区には万里の長城のミニ版のような小長城歩道があり、最近インターネット上でSNS映えスポットとして話題になっており、山の景色を楽しみに訪れる人を歓迎しています。

このトレイルコースは30分ほどで完走できますが、30分ほど余分に時間をかけられる場合は、さらに多納高吊橋までハイキングすると渓谷が一望できます。 

最終更新日時:2023-10-25

サイトマップ
リストを開く
リストを閉じる
近くのトラベル情報