お持ちのブラウザーでJavaScriptが有効になっていない場合、当サイトのサービスを快適にご利用できない場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
印刷 :
キーボードのCtrlキーと Pキーを同時に押すと、印刷機能がスタートします
トップへ戻る:
キーボードの[Home]キーを押すと、ページトップに戻ります
字のサイズ設定:
IE6の場合、キーボードのALTキーと Vキーを同時に押す→ Xキーを押す →キーボードの (G)最大、(L)大、(M)中、(S)小、(A)最小で適した文字のサイズを選ぶ。
IE7または、Firefoxブラウザの場合は、キーボードの Ctrl + (+)拡大、(-)縮小により、字のサイズを変更できます。
茂林国家風景区茂林で遊ぶお薦めのモデルコース工芸品の鑑賞工芸品の鑑賞二日コース A
搜尋

工芸品の鑑賞二日コース A

伝統芸術を守る情熱に触れる 芸術品を見ることは、単に芸術美を鑑賞するだけでなく、原住民族の風俗習慣および文化精神に触れることでもあります。芸術家にとって、これは値段などは付けられない伝承であり、文化間の交流と融合を促進するものです。山地経済にとって新しい生命線でもあります。

  • 一日目

  • 多納里スレート板家屋
    多納里スレート板家屋

    多納里は日本語の「トナ」という発音に由来しかつては「屯子」と表記されていました。これはます。村にはある伝説が伝えられています。ある日、2人の狩人と1匹の犬が現在の多納村を通って狩猟に出かけました。かつて多納里には湿地があり、犬は湿地の岸辺を通るたびに、ここから離れようとしませんでした。その後、狩人が集落に戻り、頭目を湿地に連れて行くと、ここには十分な水源と障壁になる山があるので、暮らすのに最適な場所だということに気づき、部族の人々と話し合った結果、現在の多納村に移ました。この時、もう一つの集落もここに移住してしばらくして、三番目の集落も多納里に移転し、さらに大きな集落が形成されました。これが今日の多納村です。

  • 二日目

  • 金萱茶
    六亀新発里–金萱茶

    六亀郷新発村には製茶所と書かれた看板が林立しており、まさに「茶の郷」となっています。六亀の金萱茶は焙煎したら濃厚なミルクのような香りを放ちます。何度でも入れることができるので、お茶好きには人気のある品種です。
    写真:高雄県農会

  • 帰路

最終更新日時:2018-12-27

サイトマップ
リストを開く
リストを閉じる
前のページへ トップページへ