メインコンテンツへ移動

萬山集落

推薦: 推薦
茂林区

Clear(茂林区)

29

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 萬山集落-1 萬山集落-2 萬山集落-3 萬山集落-4 萬山集落-5

    萬山集落

茂林区の高132号線沿いにある萬山集落への入り口は、茂林区役所から約7キロのところにあります。日本統治時代、萬山の村は、標高1,475メートルの萬頭蘭山の麓に居を構える、最も辺境の先住民の「マンダウラン共同体」として知られ、部族は「歐布諾伙〈Oupunphuo〉」と呼ばれていました。村は、道が険しいため、1956年に現在の場所に移されましたが、旧萬山村には、石造りの小屋の集落と、神秘的な萬山岩面彫刻群《孤巴察額の神秘的なラブストーリー》がそのまま現存しています。

30~40分ほど滞在し、集落の下方にある石板家屋やカトリック教会を見学するのがお薦めのコースです。 

最終更新日時:2023-10-25

サイトマップ
リストを開く
リストを閉じる
近くのトラベル情報