メインコンテンツへ移動

池田屋

推薦: 推薦
六亀区

Occasional showers or thunderstorms(六亀区)

23

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 昔のバス停のチケット売り場 池田屋 昔の女性車掌の写真 旧バス停の運転手の休憩所だった場所。イベント時に開放し、参観可能です。 旧バス停の裏エリア

    池田屋

高雄県六亀区華南街30号に位置する池田屋は、高雄客運の旧六亀バス停です。その前身はかつて日本人の池田兵太郎が経営していた旅館で、池田屋と呼ばれていました。後にバス事業所高雄客運に売却された池田屋は、新たに六亀バス停留所となり、六亀区、茂林区、桃源区など山間部の住民と他地域を結ぶ、交通の中核ターミナルとしての役割を担っていました。

池田屋は3棟からなる平屋建てコの字型の構造で、現在もレイアウトは建築当時の設計のまま、部屋の内装や設備もそのまま残してある、あまり見られない日本式旅館スタイルの建物で、2003年には歴史的建造物に登録されています。歴史文化の保存を通して、この古い和風建造物は当時の物語を再現し、かつての栄華の様子を人々に語りかけてきます。

1時間ほど滞在して、建物とその周りで記念写真を撮ったり、壁のパネルの解説や古い展示写真から、歴史の変遷に思いを馳せてみることをお薦めします。 

最終更新日時:2022-07-14

サイトマップ
リストを開く
リストを閉じる
近くのトラベル情報