メインコンテンツへ移動

台湾原住民族文化園区

推薦: 推薦
瑪家郷

Occasional showers or thunderstorms(瑪家郷)

25

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 台湾原住民族文化園区-1 台湾原住民族文化園区-2 台湾原住民族文化園区-3 台湾原住民族文化園区-4 台湾原住民族文化園区-5 台湾原住民族文化園区-6

    台湾原住民族文化園区

台湾原住民族文化園区は屏東県瑪家郷北葉村にあり、旧称は瑪家山文化村でした。付近にはパイワン族とルカイ族の暮らすコミュニティがあります。1985年に設立され、その敷地面積は約82ヘクタールにおよび、主に台湾原住民族の文化の保存を目的とし展示がされている、国内最大規模で、研究価値の高い野外博物館です。

園内は迎賓区、塔瑪麓湾区、娜麓湾区及び富谷湾区の四つの参観エリアに分けられており、海抜145メートルから220メートルのかなり起伏の多い険しい地形に位置するため、変化に富んだ美しい自然景観を楽しむことができます。塔瑪麓湾と富谷湾の両エリアでは、原住民族の伝統建築を展示対象としており、コミュニティの全体像を見て取ることができます。 娜麓湾エリアは、歌と踊りのパフォーマンスをテーマに、舞台や360度の円形劇場のほか、10部族の人形を用いた生活展示館、手工芸を教える「私たちの教室」などもあります。 また、園内には高い場所から園の全体を見渡せるハイキングコースもあり、高低差の異なる緑の林の中に点在する石板屋、竹屋、木屋や、山の合間に置かれた彫刻など、あちらこちらで原住民の伝統的な痕跡を見ることができます。

3時間程度滞在し、園内を周遊するバスに乗って、各エリアの参観されることをお薦めします。また舞台で行われるパフォーマンスの時間にご留意の上、原住民族によるすばらしい演目をどうぞご鑑賞ください。 

旅行情報
旅行タイプ

郊外へ散策郷土文化

旅の豆知識

営業時間:
月曜休園(国定休日の場合は通常通り開園)、火曜~日曜 午前8:30~午後5:00

チケットの券種や料金:
大人120台湾元、学生60台湾元、団体30人以上の場合は二割引、障害のある方、70歲以上のお年寄り、小学生未満は無料 パフォーマンス時間: 火曜~土曜 午前10:30、午後3:00 日曜および国が定める祝祭日日 午前10:30、午後2:00、4:00

住所

屏東県瑪家郷北葉村風景104号

電話番号

886-8-7991219

交通

車での行き方:国道3号線高速道路を九如ジャンクションで下り、省道台3、24号線を進む、屏東市から水門までは標識に従い、水門で右折するとすぐ。全行程約34キロ。

  • 経度/緯度:120.65291/22.70694
  • 付近の散策

    最終更新日時:2022-09-26

    サイトマップ
    リストを開く
    リストを閉じる
    近くのトラベル情報