お持ちのブラウザーでJavaScriptが有効になっていない場合、当サイトのサービスを快適にご利用できない場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
印刷 :
キーボードのCtrlキーと Pキーを同時に押すと、印刷機能がスタートします
トップへ戻る:
キーボードの[Home]キーを押すと、ページトップに戻ります
字のサイズ設定:
IE6の場合、キーボードのALTキーと Vキーを同時に押す→ Xキーを押す →キーボードの (G)最大、(L)大、(M)中、(S)小、(A)最小で適した文字のサイズを選ぶ。
IE7または、Firefoxブラウザの場合は、キーボードの Ctrl + (+)拡大、(-)縮小により、字のサイズを変更できます。
茂林国家風景区茂林で遊ぶお薦めのモデルコース登山ハイキングの旅登山ハイキングの旅二日コース B
搜尋

登山ハイキングの旅二日コース B

戰道踏蹤.原林野味 文化歷史合一的古道健行路線。親身走過浦來溪頭社戰道,感悟歷史留下的痕跡。接著參觀玫瑰樹園,欣賞玫瑰獨傲的美麗姿態,最後前往六龜孤兒院,與孩子們同樂遊玩,誠摯付出愛與關懷。

  • 一日目

  • 東渓大橋
    東渓大橋

    赤い色をしたアーチ橋「東渓大橋」は台27号線上にあり、2005年11月に開通しました。この橋は中国鋼鉄という会社が寄贈したもので、橋の全長は131メートル、幅は7メートルあり、車線は2車線あります。「東渓大橋」という名前の由来は蒋経国元総統にあります。かつて蒋経国元総統が邦復渓を訪れたとき、故郷の東渓に似ていると思ったそうです。

  • 二日目

  • 浦来渓頭社戦道
    浦来渓頭社戦道

    「浦来」とは宝来の旧称です。浦来渓頭社は荖濃渓と宝来渓の分水嶺に位置し、もともとはツオウ族の人々が暮らす集落でした。浦来渓頭社戦道は全長約3キロで、所要時間は徒歩で約1時間、海抜は高くなく、わずか約450~500メートルです。この道は日本統治時代に原住民族の激しい抗日運動を抑えるために築かれたものでした。美瓏山の稜線に沿って築かれた道路は、美瓏山砲台を建てる建材を宝来の峰の頂まで運ぶためでした。

  • 竹林梅園
    竹林梅園

    毎年一年の終わりを迎えると、竹林梅園は梅の花が満開となります。山全体は淡い優雅な紅色に染まり、遠くから見ると雪のように見えます。高台からは玉山主峰が望め、眼下には荖濃溪全景を見下ろせます。峡谷の中を緩やかに流れる渓流、千変万化する雲海、まさにこの世の桃源郷と言える場所です。

  • 帰路

最終更新日時:2020-01-02

サイトマップ
リストを開く
リストを閉じる
前のページへ トップページへ