お持ちのブラウザーでJavaScriptが有効になっていない場合、当サイトのサービスを快適にご利用できない場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
印刷 :
キーボードのCtrlキーと Pキーを同時に押すと、印刷機能がスタートします
トップへ戻る:
キーボードの[Home]キーを押すと、ページトップに戻ります
字のサイズ設定:
IE6の場合、キーボードのALTキーと Vキーを同時に押す→ Xキーを押す →キーボードの (G)最大、(L)大、(M)中、(S)小、(A)最小で適した文字のサイズを選ぶ。
IE7または、Firefoxブラウザの場合は、キーボードの Ctrl + (+)拡大、(-)縮小により、字のサイズを変更できます。
茂林国家風景区茂林で遊ぶお薦めのモデルコースグルメの旅グルメの旅二日コース B
搜尋

グルメの旅二日コース B

平地では食べられない珍しい美食 山地特有の美食を味わいながら、原住民族のディープな文化に触れましょう。彼らの天性の明るい性格と美味しい料理で、お互いの距離も縮められます。人類はみな兄弟。温かな幸福感に包まれながら帰ることができます。

  • 一日目

  • 龍頭山
    龍頭山

    龍頭山の面積は約22ヘクタールで、環流丘陵という珍しい地形に属し、三方を高山に囲まれ、くねくねと曲がった渓流が流れています。水は透き通るような美しさで、さらに奇岩や絶壁があり、山の嶺は龍の背のような形をしています。遠くからこの龍頭山を眺めると、まるで巨大な龍が珠を吐いているかのように見えることから、またの名を「龍吐珠」と呼ばれています。龍頭山の山頂には涼み台があり、ここから遠くの山々を望むことができます。

  • 多納里スレート板家屋
    多納里スレート板家屋

    多納里は日本語の「トナ」という発音に由来しかつては「屯子」と表記されていました。これはます。村にはある伝説が伝えられています。ある日、2人の狩人と1匹の犬が現在の多納村を通って狩猟に出かけました。かつて多納里には湿地があり、犬は湿地の岸辺を通るたびに、ここから離れようとしませんでした。その後、狩人が集落に戻り、頭目を湿地に連れて行くと、ここには十分な水源と障壁になる山があるので、暮らすのに最適な場所だということに気づき、部族の人々と話し合った結果、現在の多納村に移ました。この時、もう一つの集落もここに移住してしばらくして、三番目の集落も多納里に移転し、さらに大きな集落が形成されました。これが今日の多納村です。

  • 二日目

  • 圖片
    台湾原住民族文化園区

    園区は屏東県瑪家郷北葉村に属し、かつては「瑪家山地文化村」と呼ばれていました。ここは三地門、瑪家、霧台など三つの集落における交通の要所でもあり、屏東市からわずか24キロの距離で、アクセスも便利です。近くにはパイワン族やルカイ族の集落があり、特色ある原住民族文化に触れられます。園区は1985年に設立され、その敷地面積は約82ヘクタールにおよび、台湾原住民族16部族の文化が展示されています。また海抜145メートルから220メートルに位置しているため、変化のある自然景観を楽しむことが出来ます。

  • 帰路

最終更新日時:2019-06-28

サイトマップ
リストを開く
リストを閉じる
前のページへ トップページへ